トピック

ニュース

台座整備の事業者が決まりました

台座及び周辺整備事業の事業者選定は8月9日、佐賀商工会議所で指名入札を行った結果、松尾建設(株)に決定しました。工期は9月から来年2月末で、事業費は約5000万円となります。 事業者選定については、①佐賀県内に本社(本店 …

銅像の全容が固まりました

理事会と技術委員会で議論、検討を続けてきた銅像台座のイメージが固まりました。今後、詳細設計に入り、建設業者の選定を行うことになります。 台座の形状は直正公が建設を指示した「反射炉」をイメージしたもので、4基が四隅を支える …

再建銅像で現地調査を行いました

直正公像の再建を予定している佐賀城二ノ丸跡で6月24日、銅像の実寸模型を使って、建設地点と高さを検討する調査を行いました。調査を行った場所は鯱の門北東の駐車場の一角。旧銅像公園にあった直正公像は地上高10メートル超の規模 …

銅像制作事業者が決定しました

平成27年6月24日、第5回理事会を佐賀市の商工ビルで開催し、鍋島直正公の銅像制作事業者を決定しました。これより先、同15日に開いた選考委員会(委員長=井田 出海・鍋島直正公銅像再建委員会会長、委員6名)では応募者のプレ …

再建銅像の活用をテーマに討論

佐賀城旧二の丸跡に再建予定の直正公銅像をどう活用していくか―を主題としたまちづくりシンポジウムをさる9月14日、佐賀市の県立美術館ホールで開きました。 第一部は中尾清一郎・佐賀新聞社社長が「銅像のあるまちづくり」と題して …

銅像活用の道を探るシンポジウムを開きます

銅像再建はゴールではない。銅像はまちづくり、にぎわいづくりのスタート!このコンセプトで、銅像の現実的な利・活用の方途を議倫するシンポジウムを下記の要領で開きます。銅像は一部の人々のモニュメントではなく、市民、県民の公共物 …

設立総会を開催しました

鍋島直正公銅像再建委員会はさる5月21日、佐賀市のホテルマリターレ創生で設立総会を開き、会長に佐賀商工会議所会頭の井田出海氏を選出した後、規約、事業計画等を決めました。 銅像は佐賀城公園内の本丸周辺に建設、2017年春の …

PAGETOP
Copyright © 鍋島直正公銅像再建委員会 All Rights Reserved.