募金について

  • HOME »
  • 募金について

募金要項

1.募金の目標額

1億円

2.募集期間

平成26年7月1日~平成27年6月30日(1年間)

3.募金金額

個   人  一口5千円以上
法人・団体 一口5万円以上

4.募金方法

次のいずれかの方法により、募金をお願いします。
(1)現 金
事務局(佐賀商工会議所内)までお持ちください。

(2)銀行振込
【県内での振込】
県内専用の振込用紙兼寄附申込書に必要事項をご記入の上、下記の振込先口座金融機関の本支店の窓口からお振込みをお願いします。(この場合振込手数料は不要です。)
佐賀銀行・佐賀共栄銀行・佐賀信用金庫・佐賀東信用組合

【県外での振込】
県外専用の振込用紙兼寄附申込書で上記金融機関の窓口からお振込の場合のみ振込手数料は不要です。その他の金融機関からのお振込の場合の振込手数料はご本人の負担となります。
※専用振込用紙兼寄附申込書は事務局までご連絡をいただければお送りします。ホームページからでも請求できます。
ATMの利用はご遠慮ください。

(3)郵便払込
専用払込用紙兼寄附申込書に必要事項をご記入の上、郵便局の窓口でお払込をお願いします。(払込手数料は不要です。)
※ATMの利用はご遠慮ください。

5.銅像再建場所

県立佐賀城公園の本丸周辺に予定しています。

6.銅像の寄贈

平成29年春に銅像完成後は佐賀県に寄贈することにしています。

7.募金に対する税法上の優遇措置

この募金は県や市に対する寄附金と同様に、税法上の優遇措置が受けられます。
寄附金控除を受けるには、税務署への申告が必要です。募金の振込の際の領収書を添付して、募金した年分の確定申告を行ってください。
詳しくは最寄の税務署などへお問合せください。

  1. 個人の所得税(所得控除)
    次のAとBのいずれか低い方の金額が、その年分の所得金額から控除されます。
    A:その年に支出した寄附金の合計額 -2,000円
    B:その年の総所得金額等の合計額×40% -2,000円
  2. 個人の住民税(税額控除)
    次のCとDの合計額が翌年度分の個人住民税から控除されます。
    C:「基本控除額」(その年に支出した寄附金の合計額-2,000円)×10%
    D:「特例控除額」寄附金額から①に所得税率をかけた額とC及び2,000円を差し引いた額で、住民税所得割額の10%が上限です。

8.募金者に対する顕彰

芳名帳を作成し、末永く顕彰させていただきます。
また、ホームページにも掲載いたします。
1万円以上の個人及び10万円以上の法人・団体は芳銘板に刻印し掲示いたします。(ご芳名の公開を希望しないことも選択できます。専用の振込用紙兼寄附申込書の公開の可・否の欄に記入してください。)

PAGETOP
Copyright © 鍋島直正公銅像再建委員会 All Rights Reserved.